美容学校へ通う|ネイリストや美容師を目指す方が通う専門学校!授業で必要なことが学べます|美容学校net

美容学校での学校生活とは?1日の流れを見てみましょう

美容学校の1日の流れ

登校

美容学校に通う生徒は、早起きをし、自分の身なりをきちんと整えてから学校に通います。美容師になるためには学生のうちからこの習慣を身につけなくてはいけません。そして、しっかりと時間厳守で学校に到着できるようにしましょう。

午前の授業

座学を学ぶ場合と実技の場合がありますが、座学を学ぶ場合は美容師に必要な髪の知識や頭皮の知識、技術の知識などさまざまなことを学びます。また、社会人になるためにマナーの授業なども行います。

お昼休み

午後からの授業も元気に受けるためにもお昼休みは大切な時間です。美容師は技術だけでなく体力が必要な仕事でもあります。しっかりと栄養のある食事を心がけ、健康的な身体を整えておきましょう。友だちと一緒にごはんを食べて意見交換することで学校生活も更に楽しくなりますね。

午後の授業

座学の日でない場合は、午前中も午後も実技が続くことがあります。実技では、国家試験を取得するために必要なワインディングの練習をウィッグを使用して行います。その他にもクラスのメンバー同士でシャンプーの練習を行ったり、カットやカラーリングの練習を行う場合もあります。

美容学校へ通う

婦人

放課後はどうしているのか

学校の授業が終わったら、国家試験に向けてそのまま自主練習する生徒もいたり、バイトに通う生徒もいます。たまに息抜きで友だちとショッピングに出かけ、ファッションについての知識を深めたり、気になるサロン探しを行ってみることで将来目指したいサロンを探すこともできるでしょう。地元の大阪で働けるサロンを探す生徒も多くいます。

美容学校で学んだ技術を生かせる仕事

美容学校で学んだ技術を生かせる仕事は、美容師だけではありません。ヘアメイクアップアーティストやブライダルヘアメイクの仕事にも就くことができます。このような仕事に就くためには、資格が必要です。美容師国家資格はもちろんですが、パーソナルカラーリスト検定やメイクセラピー検定なども活かせる資格になります。

美容師になるための知識

美容師はカットやカラー、パーマなどを行うので、その技術の基礎はしっかりと学んでおかなくてはいけません。美容専門学校では、髪や頭皮の知識の他に、ネイルやエステ、メイクなどの技術を学ぶことができるところも多いです。
美容師になるためにはコミュニケーション能力もなければいけないので、その能力を磨くための授業を受けることもできます。